「相手は誰でもいい」は危険です

よく長い期間婚活をしているのになかなか成功しない女性に対して、「貴方は理想が高すぎる」という言葉が向けられる事があります。
学歴や年収、性格など、人物を構成する要素はいくつもありますが、とにかく異性へ求めるものが多すぎるせいで、「そんな人はこの世の中にはいない。
もしくはすでに結婚しているかのどちらかです」みたいな感じになってしまうケースです。
では逆に、「結婚してくれるならどんな相手でもいい」という女性はどうだと思いますか?
結婚相談所やサイトとしても紹介するうえでのハードルはゼロですし、異性へ求めるものがないのなら早々と結婚相手が見つかりそうな気がしますね。
でも実はそれは間違いなんです。
婚活においては、異性に求めるものが多すぎる人と同じように、求めすぎない人も結婚相手がなかなか見つかりにくい傾向にあります。
理由としてはまず、紹介する側が困ってしまう点があげられます。
どんな人でもいいというのは逆にいえば「こういう人を紹介してほしい」というリクエストがない状態なので、カップルを一組でも多く成立させたい相談所やサイトとしては、紹介が後回しになってしまう事があるからです。
また本人にもデメリットがあります。
異性に求めるものがないので、どんな異性と出会っても決め手に欠けてしまう点です。
「この人と結婚したい」となかなか思えず、ずるずると相手を探してしまう事にもなりかねません。
なので婚活では高すぎる理想も厳禁ですが、理想がなさすぎるのも危険です。
必要最低限異性に求めるものをはっきりさせて活動するほうが、結婚を近づける鍵といえるでしょう。