初めて参加する婚活パーティー

今年も人恋しい季節がやってきました。
この時期は家庭への憧れも強くなるものです。
さらに、学生時代の友達や、前の職場の同僚の結婚や出産の知らせを聞くと、寂しいというよりは、焦りを感じてしまうこともあります。
親からは「いい人いないの?」
と、プレッシャーをかけられたり、職場では「結婚しないの?」
と聞かれるので、なおさらです。
今までは出会いよりも仕事に一生懸命だったので、あまり気にしていませんでしたが、このまま何も行動にうつさないのはよくないと思って、婚活をはじめることにしました。
会ったときの第一印象で全てが決まってしまうのではないか、学歴や経歴、年収で相手を見定めるようなイベントなのではないか、と少々の不安もありましたが、思い切って都内の婚活パーティーに応募してみました。
私は少し人見知りなところがあるので、自分から話しかけられなかったらどうしようという心配もあったのですが、一人ひとりとお話しできるように席がぐるぐる周るみたいです。
参加者全員とお話ができるのはとてもいいシステムですよね。
ただの立食パーティーだと、積極的な人には有利かもしれませんが、消極的で内気な人には不利になってしまいます。
また、いろいろなゲームも用意されているようなので、雑談が苦手な人でも初対面の人と楽しく過ごせそうです。
こういう出会いのための工夫がこらしてあるところが婚活パーティーの良いところだと思います。
合コンや飲み会ではこうした配慮はないですからね。